勃起障害による機能障害を保証してくれる薬は

勃起障害はEDとも呼ばれ満足なセックスができない状態を意味します。機能障害の一種ですが、現在では効果的な治療薬が販売されています。一般的に勃起障害というと、まったくペニスが勃起しないことが想像されますが、EDの定義では勃起はするものの、途中で萎んでしまうなど満足なセックスができない状態を指します。基本的に射精にまで至れば性交渉そのものは成功であり機能障害とはされませんが、EDでは満足な結果というのがポイントになります。

勃起障害の治療は確立しています。そもそも勃起するメカニズムとしては、男性が性的な魅力のあるものを五感によって刺激を受けて、それを脳が伝えることでペニスが勃起するというものです。このさいに性的な魅力を感じているにも関わらず、勃起しないケースがあり、それが勃起障害および機能障害になります。原因としては、加齢によるものや、心因的要因、生活習慣病、怪我などがあります。
勃起障害の改善が保証されている薬としてはバイアグラがありますが、実際に保証できるものは機能障害がないことが前提です。バイアグラなどの薬では血流量を増やすことでペニスへの勃起を促すことになります。このため治療薬を服用しても性欲自体は高まらないとされており、勃起だけすることになります。一方で治療薬を服用しても勃起しない場合には成分がペニスまで行き届いていない可能性があります。このため医療機関での検査では勃起を促す成分を直接、注射で投与して勃起するかどうかを調べることになります。このさいにまったく反応しない場合には、ペニス自体に何らかの機能障害が出ていると考えられ、別のち両方を受けることになります。いずれにしても現在の医療技術では治療法は確立しており、ほぼ改善が保証されています。